企業法務・企業再生のためのリーガルサービスを目指します 中島成総合法律事務所

中島成総合法律事務所 ホーム事務所概要・所属弁護士 ≫ 弁護士 辻畑 泰喬の略歴・講演

弁護士 辻畑 泰喬(つじはた やすたか)の略歴

慶應義塾大学法学部法律学科卒 慶應義塾大学法科大学院修了
(司法修習62期修了・第一東京弁護士会所属)
tsujihata@nakashima-law.com

1980年生。2012年3月〜2014年12月、消費者庁消費者制度課課長補佐(個人情報保護推進室併任)。2014年3月〜2014年12月、内閣官房情報通信技術(IT)総合戦略室参事官補佐(パーソナルデータ関連制度担当室)を併任。
2015年1月、米国での1ヵ月間の海外研修を経て、同年2月に当事務所復帰。取扱いは、民事商事紛争、一般企業法務、情報管理法務、消費者関連法務、刑事事件等。

辻畑 泰喬の所属・著書論文・講演

所属研究会等

  • 情報ネットワーク法学会
  • 第一東京弁護士会総合法律研究所CSR研究部会(2015年4月〜副部会長)
  • 同・会社法部会
  • 同・IT法部会
  • 日本組織内弁護士協会(JILA)

主な著書論文

「企業におけるCSR施策としての個人情報保護対策−主にリスク管理の側面から」
(『法務リスク管理最前線:ガバナンス、リスク管理、コンプライアンスを中心に』第一東京弁護士会総合法律研究所)
(清文社、2016年)論文・書籍
「トレーサビリティ制度」
(「ビジネス法務」2016年11月号・中央経済社)論文・雑誌
「消費者行政法:安全・取引・表示・個人情報保護分野における執行の実務」
(勁草書房、2016年)書籍・編著
「Q&Aでわかりやすく学ぶ 平成27年改正 個人情報保護法」(第一法規、2016年)書籍・単著
「公務員弁護士のすべて」(レクシスネクシス・ジャパン、2016年)書籍・編著
「実務的観点を踏まえた平成27年改正個人情報保護法のポイント」
(「会社法務A2Z」2016年2月号・第一法規)論文・雑誌
「ビッグデータの利活用の法的問題−パーソナルデータ大綱の主要論点」
自由と正義2014年Vol.65 No,12(2014年12月)論文・雑誌

講演等その他の活動

 
平成28年(2016年)9月8日講演

「個人情報保護法を取り巻く諸問題等」(経済産業省・平成28年度個人情報保護研修)

平成27年(2015年)11月6日講演

「番号制度(マイナンバー制度)の概要と個人情報保護」(個人情報保護法説明会・消費者庁及び新潟県)

平成27年(2015年)4月7日その他

毎日新聞(岩手版)朝刊「個人情報保護法:施行10年「有効活用」浸透せず。震災機に、共有進める動きも」の記事にコメントが掲載されました。

平成26年(2014年)7月9日講演

「個人情報保護制度と新たな動向」(教職員向け個人情報保護研修会・大阪商業大学)

平成26年(2014年)6月13日講演

「大規模災害と個人情報保護制度」(危機管理セミナー2014大阪・公共ネットワーク機構)

平成24年(2012年)、平成25年(2013年)、平成26年(2014年)講演

「個人情報保護法の概要及びこれを取り巻く近時の動向」等(東京大学公共政策大学院・事例研究〔法政策T〕)

その他、講演等多数

お問合わせ

企業法務・倒産法・会社の民事再生 中央区銀座 中島成総合法律事務所