企業法務・企業再生のためのリーガルサービスを目指します 中島成総合法律事務所

中島成総合法律事務所 ホーム企業再生・企業の民事再生会社(企業)の民事再生手続の実際 ≫ 7、会社(企業)の民事再生手続を検討すべきか否かの最重要ポイント

会社(企業)の民事再生手続の実際 〜過剰債務からの解放を図る〜

7、会社(企業)の民事再生手続を検討すべきか否かの最重要ポイント

過剰債務を負っていればどのような企業でも民事再生手続に進めるというものではありません。最も大切なポイントは、中心となる事業で営業利益が出せていること、又は今後出せることがほぼ確実なことです。そのような企業であれば、当該事業を救うため、過剰債務からの解放を求めて民事再生手続を検討してみる価値があるといえます。
最後に、企業の民事再生で同じケースは存在しません。それぞれのケースによって経営者と十分な打ち合わせを行い、それぞれのケースに応じた工夫と発想をもって、誠実・果敢に対応していくことが最も肝要なのです。

≪ 6、会社分割と民事再生手続(2)

目次へ戻る

お問合わせ

企業法務・倒産法・会社の民事再生 中央区銀座 中島成総合法律事務所