企業法務・企業再生のためのリーガルサービスを目指します 中島成総合法律事務所

中島成総合法律事務所 ホーム企業再生・企業の民事再生企業再生〜債務をカットして中小企業の事業を再生する方法〜 ≫ 2、各方法のポイントやメリット・デメリット(5)スポンサーへの事業譲渡等と既存会社の清算

企業再生〜債務をカットして中小企業の事業を再生する方法〜

2、各方法のポイントやメリット・デメリット

(5)スポンサーへの事業譲渡等と既存会社の清算

過剰債務を負った会社の事業の将来性等から事業譲渡等を受けてくれる先(以下「スポンサー」)が現れたような場合は、適正価格で事業をスポンサーに譲渡し、空になった会社はその対価等を債権者に配当するため破産手続を申し立てることが可能です。
その場合も、対価の適正に疑義を残さないため、事前にスポンサーとの契約内容を詰めておいて、民事再生手続を申し立て、その手続の中で裁判所(監督委員)の許可をもらって迅速に事業譲渡を行い、民事再生手続を申し立てた会社自身は、清算型の再生案を作成することも可能です。

≪2、各方法のポイントやメリット・デメリット(4)第二会社方式

2、各方法のポイントやメリット・デメリット(6)民事再生手続≫

目次へ戻る

お問合わせ

企業法務・倒産法・会社の民事再生 中央区銀座 中島成総合法律事務所